西宮市高等学校吹奏楽連盟 第29回定期演奏会

(平成29年11月19日 関西学院中・高等部礼拝堂)

今年は4校合同で高1バンドと高2バンドに分かれて演奏した。曲目は高1バンドが関西学院の犬賀先生の指揮で「美女と野獣」「ルパン三世のテーマ’78」、高2バンドが報徳学園の池田先生の指揮で「パンチネルロ」。単独では「ディズニー・アット・ザ・ムービー」を演奏した。


早朝から出演団体のリハーサルが行われました

85人の大迫力の演奏です

控室でも熱心に練習していました

ファンファーレにより演奏会が幕を開けました 仁川からも2名の代表者が演奏しました

単独演奏ではディズニーのメドレーを演奏しました

高1バンド1曲目の「美女と野獣」

「ルパン三世のテーマ」サングラスをつけてパフォーマンスで盛り上げました

高2バンドの「パンチネルロ」 さすが2年生、聴き応え十分の演奏でした

全体合奏「5月の風」で演奏会を締めくくりました

西宮市高等学校吹奏楽連盟第28回定期演奏会

(平成28年11月20日 関西学院中・高等部礼拝堂)

今年も仁川、関学、県西、報徳の4校合同で出演しました。坂本先生の指揮で、クロード=ミッシェル・シェーンベルク作曲「レ・ミゼラブル」、報徳の池田先生の指揮で、フレデリック・ロウ作曲「マイ・フェア・レディより 踊り明かそう」を演奏しました。合同練習を通して4校は切磋琢磨し、更に仲を深めました。


緊張していますが、本番前も和やかな雰囲気です

「レ・ミゼラブル」は各シーンが目に浮かぶような熱演でした

「踊り明かそう」ではバンダナをつけて、華やかな演出でした

西宮市高等学校吹奏楽連盟第27回定期演奏会

(平成27年11月22日 関西学院高中部礼拝堂)

今年も4校合同の前半の集大成として定期演奏会に出演した。それぞれが単独演奏を行い、各学年で、また全体でと数にして4校だけで7ステージをこなした。仁川の生徒たちもすべての場面において全力を尽くせたと思う。

 単独演奏はコンクール課題曲「よろこびへと歩き出せ」。きれいに響いていました。

 2曲目はお得意のスーパーマリオブラザーズ

 マリオ君は今日も元気!

 たくさんのキャラクターをゲットしていったよ

 最後まで見事に演じきりました

 高校1年生バンドは犬賀先生がご指導なさいました

 2曲目は白熱の色とりどりの衣装でした。サウンドも高校1年生とは思えないダイナミックさ!!

 すばらしいパフォーマンスでした!

 高校2年生バンドは坂本朋寬先生の指揮で「マードックの最後からの手紙」

 これだけ楽器を振っても当たらないとはすばらしい!演奏もさすがのまとまりでした。

 最後の全体合奏は池田先生のご指導で「ディズニーメドレーⅡ」でした

 パフォーマンス、演奏ともダイナミックですばらしかったです

 

西宮市高等学校吹奏楽連盟第26回定期演奏会

(平成26年11月26日 関西学院高中部礼拝堂)

今年も関学、県西、報徳学園吹奏楽部との合同演奏を発表した。高校2年生・中学3年、2年バンドは「アナと雪の女王より主題歌」「ライオンキングメドレー」高校1年生、中学1年生は「The Spirit of St.Louis」「ルパン三世」を演奏した。


 楽器を出して準備します

 高1バンドのライオンキングは譜面台の飾りが印象的でした。

 高校2年バンドのルパン三世はノリノリで会場も盛り上がりました。
 

西宮市高等学校吹奏楽連盟定期演奏会

(平成25年11月17日 関西学院高中部礼拝堂)

毎年恒例となった高吹連定演。今年も500名を超える聴衆を集めて市内15校16団体が演奏を繰り広げました。仁川学院は単独演奏として「アニメヒロインメドレー」「あまちゃんメインテーマ」を披露しました。また、関学、県西、報徳学園と共に合同演奏にも参加、高2バンドは報徳学園池田先生の指揮で「マゼランの未知なる大陸への挑戦」、高1バンドは関学犬賀先生の指揮で「カルピスソーダ学園応援曲」「ルパン三世’89」を演奏しました。仁川学院生は少人数ながらソロなどをパートを担当して、活躍が見られました。


 仁川学院の単独演奏

 あまちゃんのパフォーマンス。他校には見られないものだった。

 高校1年生バンドはサングラスをかけてのパフォーマンス

 高2バンドは池田先生の緻密な音楽作りに応えた演奏だった

 最後は汐風のマーチの全員合奏で締めくくった

 

第24回西宮市高等学校吹奏楽連盟定期演奏会

(平成24年11月18日 関西学院高中部礼拝堂)

秋の4校合同を締めくくる西宮市高等学校吹奏楽連盟の定期演奏会が関西学院高中部礼拝堂で開かれた。例年の2倍近い聴衆を集めて開かれたこの演奏会で仁川学院は単独演奏でも出演ジャパニーズグラフティ17美空ひばりメドレーとJ-BEST EXILEメドレーを演奏した。少人数ではあったが、軽快なダンスに、演奏に盛大な拍手を受けた。合同では県立西宮高校の堀川恵生先生の指揮でアーノルド作曲「第六の幸福をもたらす宿」報徳学園池田純也先生の指揮で「ディズニーメドレーⅡ」を演奏し、プログラムの最後にふさわしい迫力のサウンドは聴衆を魅了した。


リハーサルが始まった


 他校生に混じって仁川学院生も健闘する

 ここにもいました、仁川生

 めったに撮れないチューバのカット

 仁川単独のリハーサルもする

 チューニングをする


 音楽室でのチューニング


 美空ひばりメドレーのソロ


 ダンスも大絶賛だった


 ラストは4校合同、159名の大迫力サウンド


 他校生との競演は楽しい!


 演奏が終わって楽器をトラックに積み込みます
 

西宮市高吹連定期演奏会

(平成23年11月20日 関西学院高中部礼拝堂)

23回を数えるこの定期演奏会に今年も関西学院高等部、県立西宮、報徳学園吹奏楽部とともに出演した。まず仁川学院吹奏楽部単独演奏として久石譲作品集2とまた逢う日まで、高校1年生合同演奏として報徳学園池田先生指揮の「パイレーツ・オブ・カリビアン・メドレー」高校2年生合同は関学犬賀先生の「マードックからの最後の手紙」、全体合奏は「GR第3番」を演奏した。


関学の食堂に集まる

最後の単独練習

礼拝堂でも練習、響きを確認する

高校1年生バンド

仁川の単独演奏

また逢う日までの熱唱

届け!東北へ!!

4校合同「GR」の演奏

高1バンドの豪快な演奏

横断幕も決まった!

高2バンドの演奏

全体合奏

西宮市高等学校吹奏楽連盟定期演奏会

 

第12回西宮市高等学校吹奏楽連盟定期演奏会
(平成12年11月23日関西学院高等部礼拝堂)

練習に練習を重ねてきたホルストの惑星の木星とエル・クンバンチェロが最後に
披露されたのが11月23日(日)関西学院高等部礼拝堂。12回目を数える西宮市
高等学校定期演奏会も生徒たちが中心となって運営、練習されてきたことが成熟期に
達してきた感がある。演目が7団体と合同演奏が中心となってきたが、単独演奏の
団体も透明感のある音で楽しませてくれた。最後の演奏、関西学院、県立西宮、
報徳学園、仁川学院の演奏には特に大きな拍手が寄せられ、全員のサイン入りの
横断幕「はばたけ 21世紀へ」にはたくさんの人を感動させたようだ。そして、
恒例になりつつある銀の紙ふぶきはまさに21世紀の最後を飾るものとなった。


130名の合同演奏は合わせるだけでもたいへん!
この大変さは指揮をしないとわからないものかも・・・

(指揮:池田純也先生=報徳学園)


ほとばしるブラス!金管軍団も気合が入っている!


このキャッチフレーズに世紀末を乗り越える若者の心意気が伝わってきた!

(デジタルビデオからも画像をピックアップして近々紹介したいと思います)

 

合同練習の舞台が関西学院高等部へ

第24回兵庫県高等学校総合文化祭のステージが終わり、各学校で再び練習を積んだ4校は
練習の舞台を関西学院高等部礼拝堂に舞台を移して練習を再開した。今度はパフォーマンス
などさらにパワーアップをしたステージに仕上がりそうだ。


すばらしい雰囲気そして広さ、音響も抜群の礼拝堂
タージマハルみたい!

木星を練習するツインティンパニー

踊りの指導を受ける鈴木栄成君(仁川学院中学1年生)

上手になったでしょう?

第11回西宮市高等学校吹奏楽連盟定期演奏会
(11月23日関西学院高等部礼拝堂)

「マンボ! 決まった!!」報徳 池田純也先生

あいにくの雨となった11月23日、西宮市高等学校吹奏楽連盟定期演奏会。
11回を数えるこの演奏会に市内15校の吹奏楽部が熱のこもった演奏を
繰り広げた。仁川学院吹奏楽部は関西学院高等部、県立西宮、報徳学園との
合同演奏で「春の猟犬」と「ウェストサイドストーリー・メドレー」を演奏した。
特に「ウェストサイドストーリー・メドレー」はパフォーマンスがふんだんに
取り入れられ、最後の指揮者池田先生の「マンボ!」の絶叫も決まって、
喝采を浴びた。単独演奏が減り、プログラムは8つに減ったが、演奏的には
高校生らしいはつらつとした、一定ののレヴェルを保った聴き応えのある
演奏会だったと思う。


111名が立つと壮観だ!(ウェストサイド)


史上最多のホルン群(春の猟犬)

 

第11回西宮市高等学校吹奏楽連盟定期演奏会
関西学院、県立西宮、報徳学園、仁川学院の合同練習本格化


仁川学院吹奏楽部長、福井日陽がチューニングの指示をする

(21日、関西学院高等部礼拝堂で)

10月23日から始まって約1ヶ月間、「春の猟犬」と「ウェストサイドストーリー・
メドレー」を練習してきた合同バンドは練習場を関西学院高等部の礼拝堂に移し、
本番さながらのリハーサルが11月20日から始まった。集中力に欠ける演奏や
パフォーマンスには、遠慮なく檄が飛ぶ張り詰めた雰囲気の中で、110名の音が
礼拝堂に響き渡っていた。本番は23日、演奏会の最後を締めくくるプログラムを
感動的な演奏に出来るかどうか、正念場にさしかかった。

 

西宮市高等学校吹奏楽連盟主催
第10回記念定期演奏会

(1998年11月23日関西学院高等部礼拝堂)


アルメニアンダンスパート1

4校合同(関西学院、県立西宮、報徳学園)演奏。リードの名曲であり、
難曲のアルメニアンダンスパート1を見事に演奏し切った。


トランペット、ホルン、サックスパートも真剣な表情!

もののけ姫メドレー

福井日陽のソロは光ったね!さすが!!

11月23日関西学院高等部チャペルで行われた、西宮市高等学校吹奏楽連盟
主催の第10回記念定期演奏会は市内16校の公立私立高校吹奏楽部が集まって
盛大に開かれた。特に今回は10回記念ということで最後に全員合奏(吉永陽一
先生指揮「秋空に」)も行われた。各校の部長が集まって企画された今回の演奏会は
特に今までの反省を生かしてスムーズに演奏会が流れるように工夫されただけあって、
演奏はもちろんのこと運営面でも見事だった。仁川学院が出演した4校合同演奏は
南哲哉先生指揮の「アルメニアンダンスパート1」と、報徳学園池田先生指揮の
「もののけ姫メドレー」で、合同練習15回を数える豊富な練習量による生き生きと
した演奏に、大きな拍手が沸き起こった。最後の合同演奏ではクラッカーや
特殊効果のテープ打ち、暗転にしての光るスティックによる効果によって演奏も
パフォーマンスも会場を盛り上げた。

西宮市高吹連定期演奏会

(平成22年11月21日 関西学院高中部礼拝堂)

今年の4校合同を締めくくる西宮市高等学校吹奏楽連盟第22回定期
演奏会。単独演奏は「すーーパーマリオブラザーズ」「ロコモーション」
高2中学生バンドはヒル作曲「セント・アンソニー・ヴァリエーションズ」
高1バンドは「宝島」と「ウェストサイドストーリーメドレー」そして全体合奏は
「トリステーザ」。いずれも他団体に負けない迫力のサウンドだった。


 マリオのパフォーマンス 絶賛された


 ピーチ姫の登場


 マリオの演技はとても光った


 続いてロコモーション


 トロンボーンは余裕のソロ


 サックス中2コンビのソロ


池田先生は高校1年生を指揮


迫力のサウンドは会場を魅了した


山田先生の高校2年生中学生バンド


「セントアンソニーヴァリエーションズ」も高い完成度だった


 最後の曲は仮装


 指揮者も仮装で登場


 トリステーザが炸裂 会場はサンバ一色となった


 トロンボーンのソロも決まった!


 楽しいパフォーマンスだった

西宮市高吹連定期演奏会

(平成21年11月22日 関西学院高中部礼拝堂)

今年はインフルエンザで学院祭は不完全燃焼。思い切って単独
演奏にも挑戦してみました。MUSIC IN THE AIR!とサウンド
オブミュージックメドレー、そしてスリラー。ムーンウォークの山田先生
男子のゾンビダンス、サウンドオブミュージックのダンスにも盛大な
拍手が湧きました。


 仁川単独演奏


サウンドオブミュージックのパフォーマンスに手拍子が起こる


ムーンウォークでマイケル登場!


男子のゾンビダンスに拍手!


決まった!!


 4校合同はデュークエリントンとアルメニアンダンス


 ソロを受け持つ仁川の中学1年生


170名の合同演奏に盛大な拍手が起こった

西宮市高吹連定期演奏会

(平成20年11月23日 関西学院高中部礼拝堂)

2日連続で本番!今日は昨日の曲目に全体合奏「ロサンゼルス
オリンピック・ファンファーレとテーマ」を加えて合同演奏した。
188名の合奏は迫力満点で聴衆からも盛大な拍手が起こった。


 最終リハーサル


 楽器を組み立てて・・・


 行ってきま~す


高1バンドのパフォーマンス


 元気いっぱいの演奏だった


 高2は大人の雰囲気


 全体合奏「ロサンゼルスオリンピック・ファンファーレとテーマ」


大編成にふさわしい曲だった


部長の閉会の挨拶

西宮市高吹連定期演奏会

(2006年11月12日 関西学院高等部礼拝堂)

今年で16年目の合同演奏、今年は「アマデウス浮かれる!」
と天野正道作曲交響組曲GRより第3番を演奏した。
両方とも大編成にふさわしい編曲で総勢155名の関学、県西、
仁川、報徳の合同バンドは熱演を繰り広げた。
(photoはしばらくお待ち下さい)


看板をセットする


 4校合同の集合 リハーサルをする


 礼拝堂前で4校合同は解散した

西宮市高吹連定期演奏会

(平成13年11月18日関西学院高等部礼拝堂)

 兵庫県高等学校総合文化祭が終わってから1週間でまた、本番。心身ともに
キツイなかで、生徒たちは見事な集中力を見せてくれた。「ロサンゼルス
オリンピックファンファーレとテーマ」「ディズニーメドレーⅡ」が今回の演目だが、
それぞれが積極的に活動に取り組んで来れたと思う。オリンピックファンファーレの
高音での指回しは難しいね。


今年は初めて開会式にファンファーレが2階席から鳴り響いた


来住部長の司会もなかなかのもの。閉会式では誉められていたね


ロサンゼルスオリンピックファンファーレとテーマ(指揮:南哲哉)


「ディズニーメドレーⅡ」を演奏する131名(指揮:池田純也先生)


中学1年生にとっては夢の舞台だ 将来が楽しみだ!


姿勢がいいね伴君 副部長の姿も見える


アプスの中の打楽器は響きが違って聞こえた


簗瀬くんには自信と余裕が感じられる 力がついてきたね


Gくん、無断でクラブを休まないこと!


鈴木君にも落ち着きと自信が見られる たいしたものだね!


仁川トロンボーンの牙城を死守する山田さん あんたがたよりさ!


関西学院、内海大成先生のバックアップがあっての演奏でした
感謝、感謝、感謝


中学1年生はここにもいる 将来はソロが吹けるように成長してほしい!


全員での演奏「士官候補生」は爆音に近いものがあった
しかし拍手が鳴り止まなかった


県立西宮高校の植村徹くんの指揮ぶりも見事なものだった