選抜高校野球大会閉会式式典演奏

(平成29年4月1日 阪神甲子園球場)

再試合や雨が重なり、例年より遅い閉会式となった。今年の大会は関西勢が大健闘し大いに盛り上がった。


手際よく積み込みます

お願いします!

お弁当をもらい、決勝戦を観戦しました

甲子園球場客席下の屋内練習場で最終練習をしました

本番を終え、各校の部長より挨拶がありました

お疲れさまでした!

選抜高校野球大会開会式式典演奏

(平成29年3月19日 阪神甲子園球場)

春らしい穏やかな晴天のもと、第89回選抜高校野球大会の開会式が行われた。西宮市高等学校吹奏楽連盟の代表メンバーは大舞台でも日頃の練習の成果を発揮し、立派に演奏した。


6:45、全員元気に集合しました 

朝から激励の言葉をいただきました

客席は満員です

初めて甲子園の土を踏みました

私たち応援に来ました!

指揮台を運ぶ2人は様々な場面で役立ってくれました

大会歌『今ありて』は山手女子高校の合唱も加わりました

奥のゲートから高校球児が出てくるのを待ちます

今年は報徳学園が出場しています

無事本番を終え、各校の部長より挨拶がありました

選抜高校野球大会開閉会式音楽隊練習・リハーサル

(平成29年3月15日~18日 関西学院高等部礼拝堂・阪神甲子園球場)

今年も選抜高校野球大会開閉会式に向けての練習が行われた。全国の吹奏楽部を代表して演奏しているという自覚と責任を持って、本番に向けて練習を重ねた。


最初に各校の部長から挨拶がありました

関西学院の中庭でファンファーレのオーディションが行われました

高校1年生もファンファーレのメンバーです

3月15日~17日は関西学院で合奏し、3月18日は場所を阪神甲子園球場に移して本番と同じ動きでリハーサルをしました。


球場の外で音出し、合奏をしました

ここを通り抜けると、すぐグラウンドです

球場の広さにびっくり!

立ち位置や音の響きを確認しました

本番さながらのリハーサルの後、客席で合奏をしました

お昼ご飯は甲子園カレーでした

ずっと緊張していたので、ホッと一息つけました

最終確認をしました 明日の本番よろしくお願いします!

選抜高校野球閉会式式典演奏

(平成28年3月31日 阪神甲子園球場)

第88回選抜高校野球大会決勝戦は天候に恵まれ、智弁学園が延長11回サヨナラ勝ちし初優勝を果たした。西宮市高等学校吹奏楽連盟の代表メンバー101名は見事な演奏で閉会式に華を添えた。


仁川学院吹奏楽部の代表メンバーです

室内練習場で最終確認をします

試合後の熱気が残るグランドで演奏しました

南先生へ花束の贈呈がありました

お疲れさまでした!

選抜高校野球大会開会式

(平成28年3月20日 阪神甲子園球場)

雨が上がり、雲の間から太陽が見え隠れする寒空の下、第88回選抜高等学校野球大会の開会式が行われた。内外野ともほぼ満員の観客の中で仁川学院の14名の生徒を含む西宮市内の102名の部員たちは球場中に響き渡る力強い演奏を行った。大会が予定通り行われると3月31日が閉会式となっている。


早朝の集合に少し眠そうな部員たち 部長の一声に気合いが入ります

駐車場に移動してチューニングをします

入場前最後の練習です

観客席はすでに満員 緊張が高まります

甲子園初参加の高校1年生

本番1時間前!

1度休憩を挟みます 甲子園記念!

大会歌『今ありて』

選手を目前に全力で演奏します

楽器を積み込みます

お弁当をいただきました 学校に帰って午後から練習です

選抜高校野球大会開閉会式音楽隊練習

(平成28年3月16日~18日 関西学院高中部礼拝堂)

平成28年3月20日に開幕する第88回選抜高校野球大会の開閉会式に向けた練習が行われた。関西学院高等部高中部礼拝堂に集まった102名の吹奏楽部員たちが本番に向けて熱心に練習を重ねた。曲目は「ファンファーレ」「栄光」「今ありて」「君が代」「前年と優勝敦賀気比高校校歌」の5曲。3日間の練習後、練習の舞台を甲子園球場に移すことになっている。


西宮市高等学校吹奏楽連盟の学校から選抜された代表の部員たちです。

中庭でファンファーレの並び・動きの確認をします

選抜高校野球大会閉会式

(平成27年4月1日 阪神甲子園球場)

あいにくの雨模様となったが、生徒たちが元気いっぱい甲子園を味わった。決勝戦は敦賀気比高校が3-1で東海大四高を倒して初優勝した。仁川学院の吹奏楽部員も西宮市高等学校吹奏楽連盟の仲間とともに元気のいい演奏を繰り広げ閉会式に華を添えた。


 雨にもかかわらずたくさんの観客が詰めかけた

 閉会式にも厳しい雨となった

 仁川の生徒たちは元気に集合

 楽器を組み立てます

 1年生とは思えないいい動きをしていました

 雨天練習場で音出しをします

 ファンファーレも音がそろってすばらしい出来でした

  試合は3-1で敦賀気比高校が優勝しました

  閉会式が始まりました

  待っている姿勢も立派だった

  最後はファンファーレで締めくくりました

  仁川の制服は目立ちますが、いい姿勢を保っていました

 仁川の終礼 本当にお疲れさまでした よくがんばりました!

 甲子園の桜は満開でした

選抜高校野球大会開会式

(平成27年3月21日 阪神甲子園球場)

球児達の聖地は吹奏楽部員にとっても聖地。20年連続21回目の出場を果たした西宮市高等学校吹奏楽連盟の100名の演奏者は見事に開会式の大役を果たした。仁川学院吹奏楽部員の11名もいい働きを見せていた。


 仁川学院吹奏楽部、集合完了!

 駐車場で音出しです

 さあ本番です。気合いを入れて!

 ファンファーレ

 谷村新司作曲「今ありて」

  開会式が終わり、退場します

  高速道路の下で終礼です

  仁川の代表者の挨拶 お疲れさまでした

 

 

選抜高校野球大会開会式リハーサル

(平成27年3月20日 阪神甲子園球場)

春の晴天の中、全国の代表が甲子園球場に集まり開会式のリハーサルを行った。西宮市高等学校吹奏楽連盟の生徒たちも、聖地甲子園のグランドに立って球児の晴れの舞台に花を添えるように力強いサウンドを響かせた。


 甲子園球場前の駐車場で音合わせ

 一通りの曲の練習をしました

 観客がいない球場はよく響きました

 ベンチに座って、気持ちは高ぶります

 選手が入場してきました

 甲子園名物のカレーで腹ごしらえ

 午後からはスタンドで練習です

 グランドでは明日の開会式の準備が進んでいました

 ファンファーレの金管サウンドがこだまします。明日も晴れそうです

  楽器を片付けます

  仁川の終礼です  明日は本番

 

 

選抜高校野球開閉式音楽隊練習

(平成27年3月17日~19日 仁川学院コルベ講堂)

第87回選抜高等学校野球大会の開閉開式は今年も西宮市高等学校吹奏楽連盟が受け持つことになった。顧問より選抜された市内の吹奏楽部員100名が仁川学院コルベ講堂に集まって練習をした。初めはなかなか合わなかった音も次第にまとまっていき、20日のリハーサルに臨むことになった。


 コルベ講堂で練習が始まりました

 合奏に先立ってファンファーレのオーディションも行われた

 アゴラステージに出て姿勢や音の確認をしました

選抜高校野球大会閉会式

(平成26年4月2日 阪神甲子園球場)

1日順延となった選抜高校野球大会は関西勢同士の決勝戦となり、龍谷大平安高校が履正社高校を倒して優勝した。その後の閉会式では仁川学院吹奏楽部を含む西宮市高等学校吹奏楽連盟のメンバーが大会を締めくくるいいサウンドをあこがれの聖地に響かせてくれた。


弁当をもらって外野へ行きました

 みんなで食べるとおいしい

決勝戦を待つ甲子園のグランド

集合していよいよ球場入りです

雨天練習場で最後の調整です

決勝戦が終わり、閉会式の準備です

 式典演奏がグランドに響きました

ファンファーレで閉会式が終わった

おつかれさまでした
 

 

選抜高校野球大会開会式

(平成26年3月21日 阪神甲子園球場)

昨日の雨も何とか上がって予定通り開会式が行われることになった。初めての甲子園のグランドに生徒たちは大喜び。感動をかみしめながらの演奏となった。


楽器を下ろします

駐車場に整列しました

雨も何とか上がった

昨日できなかったグランドでの練習をしました
 
仁川のサポート係もよく頑張ってくれました

ファンファーレを吹くトランペット、トロンボーンの部員たち

思い出に残る開会式でした

選抜高校野球大会開会式リハーサル

(平成26年3月20日 阪神甲子園球場)

残念ながら雨天となり、選抜高校野球大会の開会式リハーサルはスタンドでの実施となった。


楽器をトラックから下ろします。甲子園球場前の高速道路下です。

残念ながらグランドは雨でぬかるんでいた

 チューニングをする仁川三姉妹

スタンドでの練習

残念ながら甲子園の土を踏むことはできなかった。

 

 

第85回選抜高校野球大会閉会式

(平成25年4月3日 阪神甲子園球場)

晴天の下、選抜高校野球は予定通りの日程で試合が進み今日決勝戦を迎えた。決勝は済美高校と浦和学院との対戦で17-1で浦和学院が大勝した。閉会式では警察音楽隊、ボーイスカウトとともに西宮市高等学校吹奏楽連盟の100名が式典演奏を受け持った。仁川学院の生徒20名も元気に演奏した。よい思い出になったと思う。


 集合完了!

 楽器を組み立てました

 雨天練習場でリハーサルをしました

 優勝杯優勝旗授与です

 内野グランドからファンファーレ
 

第85回記念選抜高校野球大会開会式

(平成25年3月22日 阪神甲子園球場)

春到来を告げる春のセンバツ高校野球大会の開会式が今日、甲子園球場で行われた。記念大会である今年は36校の代表チームが甲子園の土を踏んだ。仁川学院吹奏楽部を含む100名の西宮市高等学校吹奏楽連盟の吹奏楽部員は「ファンファーレ」「今ありて」「大阪桐蔭高校校歌」「栄光」を演奏した。


 全員集合完了しました!

 駐車場で音出しをしました

 駐車場もよく響きました

 奮闘中のトランペッターたち

 ガーベラの花を胸に付けました

 グランドへ

 本番の甲子園開会式

 楽器を片付けて、おつかれさまでした

 

第85回記念選抜高校野球大会リハーサル

(平成25年3月21日 阪神甲子園球場)

春なのに冷え込みの朝、阪神甲子園球場に集まった100名の市内吹奏楽部員はグランドでリハーサルに臨んだ。


 朝の練習がはじまりました

 神戸山手女子高校の合唱団も演奏を聴いてくれていました

 ああ甲子園!自然に笑顔になります

 ファンファーレの練習

 唸る金管楽器

 打楽器の音も銀傘に響き渡る

 昼食の名物カレーを食べて午後からの練習に備えます

 甲子園はスタンドも広いです

 

 

第85回記念選抜高校野球大会練習

(平成25年3月18日~20日 関西学院高中部礼拝堂)

3月22日に開幕する第85回記念選抜高校野球大会開会式式典演奏の練習が関西学院高中部礼拝堂で行われた。西宮市高等学校吹奏楽連盟に所属する市内9校の吹奏楽部員100名があこがれの舞台に向けて「ファンファーレ」「栄光」「今ありて」「大阪桐蔭高校校歌」「君が代」を練習した。


 練習がはじまりました

 他校に混じって仁川生も奮闘しています

 外が雨で礼拝堂内で整列しました

第84回選抜高校野球大会閉会式式典演奏

(平成24年4月4日 阪神甲子園球場)

前日の春の嵐も過ぎ去り、春の陽気となった甲子園球場で選抜高校野球大会の決勝戦が3日順延して行われた。結果は7対3で大阪桐蔭高校が青森の光星学院を破って初優勝した。その後の閉会式では優勝杯、優勝旗、メダル授与、大会畑、国旗降納、ファンファーレなどで西宮市高等学校吹奏楽連盟が素晴らしい演奏を行った。仁川学院代表の15名もその一員として大いに活躍した。


 昼食をとってから高速道路下に集合しました

 室内練習場で練習しました

 最終回、決勝戦を見守りました

 グランドいよいよ閉会式です

 春の日差しを浴びて輝く楽器群

 マウンド上でファンファーレ 大会が閉幕しました

 楽器を片付けます お疲れ様でした

第84回選抜高校野球大会開会式式典演奏

(平成24年3月21日 阪神甲子園球場)

冬の寒さも残る中、今日は晴れて、第84回選抜高校野球大会の開会式が開かれた。西宮の100名の高校生吹奏楽部員もはつらつとした演奏を披露し、大会に華を添えた。


 バスの駐車場に移動した100名の音楽隊

 きれいに整備された甲子園のグランド

 最後のチューニングをする

 感動した!選手宣誓

 今ありての合唱

 おつかれさまでした

第84回選抜高校野球大会開会式リハーサル

(平成24年3月20日 阪神甲子園球場)

寒さ厳しくも春の日の射す甲子園球場で第84回選抜高校野球大会開会式のリハーサルは行われた。東日本震災から一年、がんばろう日本!の横断幕とともに西宮の高校生100名の音楽隊の演奏も選手や被災地を勇気づけられるものに仕上がったと思う。


 楽器が甲子園球場に到着した


 楽器を組み立てて練習する

 バス駐車場で整列する

 初めて踏む甲子園のグランド

 練習が始まった

 選手の行進を見守る

昼食後は内野スタンドで練習する

 各学校代表者が明日への抱負を述べる

第84回選抜高校野球大会音楽隊練習

(平成24年3月18日19日 仁川学院コルベ講堂)

「春はセンバツから」は名ばかりのように思われる冷たい雨と風の中、第84回選抜高校野球大会開閉会式の式典演奏練習が仁川学院で行われた。市内から集まった100名の音楽隊のメンバーは本番を想定した練習をこなし、20日の甲子園球場で行われるリハーサルに備えた。


全員そろっての合奏

 雨の中でのファンファーレの練習

 報徳池田先生の指示が飛ぶ!

 パート練習 打楽器

 パート練習 ホルン

 パート練習 トロンボーン

 パート練習 トランペット 

 講堂前階段で合奏練習

武庫川女子マーチングバンド部の模範は素晴らしいものだった

各学校の代表挨拶もしっかりした内容のものだった

第83回選抜高校野球大会閉会式

 (平成23年4月3日 阪神甲子園球場)

開催期間、前も降らず 「NO順延」「NO延長」「NOナイター」の言葉通り順調に
進んだ。決勝戦は東海大相模が圧勝し、選抜は終わった。閉会式では東日本
大震災の影響で取りやめとなっていた今ありての合唱が行われ、ファンファーレ
も復活した。生徒たちはブランクがあったにもかかわらず、閉会式にふさわしい
演奏をしてくれたと思う。


高速道路の下で集合


外野スタンドで昼食


雨天練習場で練習


本番の演奏


メダルかけの「栄光」を演奏する


マウンド上でファンファーレ


お疲れ様でした

第83回選抜高校野球大会開会式

 (平成23年3月23日 阪神甲子園球場)

厳しい冷え込みの中、開会式は開かれた。球児の元気な姿に負けない
西宮市高等学校吹奏楽連盟(仁川学院生18名を含む)の生徒たちは
立派に式典演奏をし、開会式に花を添えた。


おそろいの「がんばろう!日本」のウィンドブレーカー


 駐車場でのチューニング


グランドでも最後の確認をする


優勝旗返還


お疲れ様でした

第83回選抜高校野球大会リハーサル練習

 (平成23年3月22日 阪神甲子園球場)

天気に恵まれ、開会式のリハーサルは始まった。
今年は東北関東大震災の影響で開会式も縮小され、入場行進や「今ありて」
の合唱もカットされた。しかし、本番に向かう気持ちは球児も吹奏楽のメンバー
も同じで、サウンドは元気よく銀傘にこだました。


甲子園のグランドでの練習


手伝いの二人も甲子園の土を踏んだ


 チューニングをする


今ありての合唱


昼食後スタンドでも練習が続いた

第83回選抜高校野球大会式典練習

 (平成23年3月19日~21日 仁川学院小学校体育館、コルベ講堂)

3月11日に発生した東北関東大震災の影響で、一時は開催も危ぶまれたが、
開会式などを縮小する方向で開催されることになった。式典演奏の音楽隊
100名は毎年と同じように練習をし、本番に備えた。


体育館の椅子並べ


 音だし練習


合奏練習


武庫川のマーチング部がすばらしい見本を見せてくれた


雨の後は水はけの作業


ファンファーレの練習


舞台での確認練習


隊列を組んでの練習

第82回選抜高校野球閉会式

(平成22年4月3日 阪神甲子園球場)

雨で順延した閉会式は晴天の中4月3日に行われた。決勝戦は
沖縄興南高校が勝ち、優勝した。100名の音楽隊による式典演奏も
甲子園球場の銀傘に響き渡り、閉会式にふさわしいものとなった。


楽器を組み立てる


 高速道路の下で音出しをする


 雨天練習場でファンファーレの練習


指揮に集中する


 閉会式に臨む


 優勝した沖縄興南高校のナイン


 式典演奏は緊張する


慰労の言葉を交わす


 甲子園のさくらは満開!まさに春はセンバツから

第82回選抜高校野球開会式式典演奏

(平成22年3月21日 阪神甲子園球場)

いよいよ開会式、選手たちと同様に音楽隊の生徒たちもあこがれの
甲子園球場のグランドでの開会式。天気にも恵まれて全国大会に
ふさわしい演奏だった。


 仁川生集合完了です!


会長先生の励ましの挨拶


 大会歌の演奏


選手宣誓を見守る


選手と共に退場する


楽器を積み込んで、お疲れさまでした

第82回選抜高校野球音楽隊練習

(平成22年3月17日~20日 仁川学院コルベ講堂)

今年も市内9校から選抜された100名の音楽隊が仁川学院に集まり、
「今ありて」「栄光」「君が代」「前年優勝校歌」「ファンファーレ」を練習した。


 ファンファーレの練習


 講堂ステージに勢揃いした100名


武庫川の久家先生の姿勢指導


全体合奏


甲子園出場への抱負を語る

第80回記念選抜高校野球大会閉会式

(平成20年4月4日 阪神甲子園球場)

雨のため1日順延された選抜高校野球は4月4日に
決勝戦を迎えた。沖縄尚学対聖望学園は9対0で
沖縄尚学高校が全国制覇をした。閉会式での式典
演奏はブランクがあったにもかかわらず堂々たる
演奏で優勝準優勝に華を添えた。


 決勝戦ともなるとバスやトラックも少ない


 楽器を組み立てる


 雨天練習場で準備


 姿勢指導を受ける


 直ったかな?


 もうすぐグランドへ!


 感動の閉会式


おつかれさまでした

第80回記念選抜高校野球大会開会式

(平成20年3月22日 阪神甲子園球場)

昨日の風も止んで天気も上々、最高の天気に恵まれた。
西宮市高等学校吹奏楽連盟の100名は選抜高校野球大会
プレイベントと開会式に臨んだ。演奏のたびに満員の観衆
から万雷の拍手を受け、開会式は無事終わった。


 部長が挨拶する


 グランドに入った頃は空いていたスタンドも・・・


 新装の内野スタンドも満員になった!


 大合唱「今ありて」


 「今ありて 未来も扉を開く!」


式典が終わって退場する


部長の挨拶


谷村氏の色紙に自分の名前を書き加える
思い出のアルバムとなるだろう

第80回記念選抜高校野球大会開会式リハーサル

(平成20年3月21日 阪神甲子園球場)

昨日までの雨は止んだが強い春一番のような風の中、
開会式とプレイベントのリハーサルは行われた。プレイベントでは
谷村新司氏が登場、今ありてを歌った。吹奏楽連盟は伴奏を
担当し、テンポやピッチなどの位置あわせを行った。

特に今回は谷村新司氏に合わせてピッチを変更、永野慶作先生は
短時間で譜面を書き換え、音楽隊は全員楽譜を差し替えて暗譜
しなおした。微妙なテンポの変更など、生徒たちはよく対応した。

谷村氏もそれをよくわかって、わざわざ慰労に来られた。

参加36校の選手が入場し、国旗掲揚などの開会式では式典演奏のタイ
ミングや速さの確認を行った。長時間に渡った練習だったが、
生徒たちはよく頑張ったと思う。

今年は特に本番が楽しみである。


甲子園球場五号スパンで楽器を降ろす


 ウィンドブレーカーを着て集合


グランドに移動する


あこがれの甲子園の土を踏む


谷村新司氏登場!


足がしびれた~


800人の合唱と100人の吹奏楽の伴奏に満足そうだった


 昼休憩!!お弁当だ!!!


午後からもアルプススタンドで練習は続いた

第80回記念選抜高校野球大会開閉開式音楽隊練習

(平成20年2月5日 関西学院高中部礼拝堂)

記念大会のため80名から100名に増員された音楽隊が
市内高校吹奏楽部から選抜され、練習が始まった。
今年の音楽隊は例年になく輝かしい音で、今後が楽しみだ。


 関学に集合した今年の音楽隊


永野慶作先生のご指導を仰いだ


楽譜の確認が続いた

第79回選抜高校野球大会閉会式

(2007年4月3日 阪神甲子園球場)

日程通り試合が進んで、決勝戦も春のやわらかな
日差しに恵まれた。試合は静岡県代表常葉菊川が
初出場の大垣日大を破り優勝した。閉会式では満場
の観衆から両チームナインに、そして音楽隊ほか
式典を支える方々に盛大な拍手が沸き起こった。


仁川学院女子全員集合しました!


みんな元気いっぱいです


決勝戦が始まった


 閉会式の準備は試合開始時から


雨天練習場で音だし


戦況を見守る


さあ、閉会式


ファンファーレで閉会式は終わった


部長のあいさつ


仁川学院生もよく頑張った


 楽器を降ろしてお疲れさま

第79回選抜高校野球大会開会式

(2007年3月23日 阪神甲子園球場)

春霞の中、センバツははじまった。選手は力強く入場した。
仁川学院16名を含む80名の西宮市高等学校吹奏楽連盟
の選抜メンバーによる式典を支える演奏も全国大会に
ふさわしいものになった。


球場前駐車場に集合した


 ファンファーレの練習


 グランドで列を整える


開会式が始まった


 今ありて(大会歌)の合唱


 華やかな幕開けとなった

第79回選抜高校野球大会開閉会式リハーサル

(2007年3月22日 阪神甲子園球場)

春の暖かい日差しの中で第79回選抜高校野球大会の
リハーサルは予定通り開かれた。仁川学院の16名を含
む80名の合同バンドは式典演奏を行った。


 甲子園球場に集合


各校代表が挨拶をする


緊急ミーティング


改装中の球場


あこがれのグランドで音だし


初出場、感動的!


 リハーサルで栄光を演奏する


昼食はカレー、たくさん食べてます


明日が本番、夢舞台で、明日もやるぞ!!

第79回選抜高校野球大会開閉開式練習

(2007年3月19日~21日 関西学院高中礼拝堂)

春の寒さもだんだん和らいで、第79回選抜高校野球
開閉開式式典演奏の合同練習は、今年は関西学院に
場所を移して行われた。練習を積み重ねるたびにだん
だん慣れてきて、音が合うようになってきた。


 関西学院高中部礼拝堂で合奏


 本番さながらの立奏


 作曲者の永野慶作先生から指導を受ける


ファンファーレは礼拝堂前で


 中庭では姿勢動作の確認


 武庫川女子大附属高校の久家先生が
自分の生徒を見本にていねいに指導をされた


合奏は続く


 お疲れさまでした

第78回選抜高校野球大会閉会式

 (平成18年4月4日 阪神甲子園球場)

雨で一日順延された高校野球の閉会式は優勝戦の
横浜-清峰戦の後おこなわれた。試合は21-0で
横浜が圧勝したがスタンドからは両チームに惜しみない
拍手が送られた。西宮市高等学校吹奏楽連盟の音楽隊
も豊かなサウンドで閉会式に花を添えた。


 楽器を組み立てて・・・


 雨天練習場でチューニング


閉会式の練習をしました


 ファンファーレでセンバツは閉会した

第78回選抜高校野球大会開会式

 (平成18年3月23日 阪神甲子園球場)

グランドはぬかるんでいるものの雨も上がって
曇り空での開会式となった。
80名の西宮市高等学校吹奏楽連盟の選抜音楽隊
メンバーは予想通りのすばらしい演奏を球場に響か
せてくれた。閉会式は4月3日


楽器を組み立てる


 最後の音出し


開会式が始まった


神戸山手女子高校合唱団と「今ありて」を演奏する

第78回選抜高校野球大会開会式リハーサル

 (平成18年3月23日 阪神甲子園球場)

いよいよ本番に備えて甲子園球場で練習することになった。
午後からは雨が降ってきたが、80名の音楽隊のサウンドは
すばらしく、本番の演奏が期待される。


 楽器をおろして


立体駐車場へ移動


 チューニング


愛工大名電高校の校歌を練習する


いよいよ甲子園の土の上で


音あわせにも気合いが入る


例年よりも伸びのあるサウンド


足がしびれた~


甲子園初登場の菅原先生


甲子園名物のカレー


男子はスタンド入り口で


銀傘の下で練習は続く・・・

第77回選抜高校野球大会閉会式

(2005年4月4日 阪神甲子園球場)

1日雨で順延した選抜高校野球大会は決勝戦は愛知工業大学
名電高校が優勝した。閉会式は開会式の雨とはうって変わった
少し肌寒いながら、すばらしい春の日差しの中で行われた。
生徒たちの集中力と最後まで続いたすばらしい態度、演奏に
スタンドから万雷の拍手がおこった。同じ高校生の夢の舞台に
吹奏楽部の生徒たちも立てて、いい想い出になったと思う。


武庫川女子の楽器積み降ろしはとても手際がよい


楽器を組み立てる


雨天練習場で練習をする


決勝戦が終わり、閉会式の準備をする


閉会式が始まり得賞歌(栄光)を演奏する


ファンファーレで閉幕した


各学校の代表者が健闘を讃えあう

第77回選抜高校野球大会開会式

(2005年3月23日 阪神甲子園球場)

開会直前までの小雨が、開会と同時に本格的な雨天となったが
西宮市高等学校吹奏楽連盟の80名の選抜メンバーはこの悪
天候をものともせず、はつらつとした演奏と、最後まで気持ちの
入った態度で会場の感動を誘った。音楽隊の退場時にはスタンド
から拍手が起こったほどだった。閉会式は好天気を期待したい。


トラックのリフトが指揮台となる


グランドで最後の姿勢指導をする


開会式が始まった!


グランドは田んぼ状態になった


労をねぎらう

第77回選抜高校野球大会開会式リハーサル

(2005年3月22日 阪神甲子園球場)

あいにくの雨天で開会式のリハーサルは昨年同様スタンドで
行われた。銀傘に音がよく響いて気持ちよく練習できたと思う。
明日の響きが心配ではあるが、まずは晴天を期待したい。


甲子園球場のグランドは雨が浮いている状態


スタンドで練習する


車先生が済美高校の校歌を指導する

第77回選抜高校野球大会開会式リハーサル

(2005年3月22日 阪神甲子園球場)

あいにくの雨天で開会式のリハーサルは昨年同様スタンドで
行われた。銀傘に音がよく響いて気持ちよく練習できたと思う。
明日の響きが心配ではあるが、まずは晴天を期待したい。


甲子園球場のグランドは雨が浮いている状態


スタンドで練習する


車先生が済美高校の校歌を指導する

第77回選抜高校野球大会開閉会式練習

(2005年3月19日~21日 仁川学院コルベ講堂)

西宮市高等学校吹奏楽連盟の恒例行事となった春のセンバツ
高校野球大会の開閉会式に花を添える式典演奏の練習が、
仁川学院コルベ講堂で行われた。市内吹奏楽部員から選抜
された80名の音楽隊が若いはつらつとした音を連日学校内
に響かせた。工事作業員も我々の音楽のために機械を止めて
演奏に聞き入ってくれていたのが印象的だった。仁川学院の
出場しない部員たちも懸命に裏方に徹してセッティングと後片
付けをしてくれた。今までにないスピードと手際のよさだった。
大きな収穫だったと思う。


ファンファーレのメンバーと位置が決まった!


講堂内で細かい打ち合わせをする


作曲家の永野慶作先生も駆けつけて指導してくださった


講堂前に集合してファンファーレの練習からはじめる


姿勢の見本は武庫川女子大付属高校のマーチングバンドの皆さん
さすがは全国レベルの姿勢と表情だった


他校の部員に混じって仁川も健闘中!


全員楽譜を覚えて演奏している


打楽器も休息の姿勢をとる


開会式は23日、甲子園球場で

第76回選抜高校野球大会閉会式

(平成16年4月3日 阪神甲子園球場)

雨に悩まされ、試合開始は午後4時45分。ナイターの閉会式は史上初めて。
満月の夜の決勝戦は四国代表済美高校が優勝した。練習を重ねた栄光、
今ありて、君が代、ファンファーレもこの夜が最高の出来だった。
仁川学院生21名を含む81名の合同バンドは別れを惜しみつつ解散した。
いい思い出ができたのではないかと思う。


報徳・仁川が楽器を積み込む

試合開始時間になっても雨はあがらなかった

団体代表者の話も上手になってきた

最後の最後まで細かい注意を受けて、集中力を高める

ファンファーレ、音も姿勢も抜群だった

雨天練習場のモニターで観戦する

優勝戦が終わり、さあグランドへ・・・

閉会式が始まった

ファンファーレでセンバツ大会は閉会した

第76回選抜高校野球大会開会式

(平成16年3月23日 阪神甲子園球場)

前日夜遅くまで降り続いた雨も上がり、開会式日和となった。生徒たちはすばら
しい演奏で開会式を盛り上げた。合同とは思えない集中力で練習の成果を
十分に聴かせてくれた。


集合し、点呼、説明を受ける


いざ、グランドへ!


選手じゃなくても憧れの甲子園のグランド


チューニングをする


開会式を待つ


演奏が始まった


報徳学園の行進


演奏が終わってホッとした表情


積み下ろしはいつも武庫川がしてくれた


お疲れ様でした。閉会式もがんばろう!

第76回選抜高校野球大会開会式リハーサル

(平成16年3月22日 阪神甲子園球場)

あいにくの雨天となったセンバツの開会式リハーサルはグランドを使わずに
内野スタンドでの実施となった。


甲子園球場に到着、楽器を組み立てる


グランドに移動する


雨が激しく銀傘にも雨音が響いていた


位置決めをしてリハーサルに備える


男子は体脂肪を量る