コンクール県大会

(平成28年8月8日 三田市総合文化センター郷の音ホール)

兵庫県吹奏楽コンクール県大会が三田市総合文化センター郷の音ホールで行われた。

結果は金賞。しかし代表の座を奪うことは出来なかった。たくさんの応援ありがとうございました。


学校に集合し、合奏しました

トラックが到着し、積み込み開始です

忘れ物をしないようにリスト係がチェックします

会場にトラックが到着しました

楽器を準備して待機しました

チューニングを入念に行いました

全体で最後の確認をしました

本番前最後の合奏です

目標宣言で気持ちを一つにしました

演奏が始まりました

集合写真を撮りました 皆良い表情です

NGBをリードしてきた高校3年生です

結果は金賞でした 今日でコンクールチームは解散。お疲れさまでした。

コンクール西阪神地区大会

(平成28年7月29日 西宮市民会館アミティホール)

真夏の日差しの下、吹奏楽コンクール西阪神地区大会が行われた。今年は樽屋雅徳作曲、阿曇磯良を演奏した。結果は金賞。

8月8日(月)に三田市総合文化センター郷の音ホールで行われる県大会への出場を決めた。たくさんのご声援に感謝いたします。


早朝から学校で音出しをしました

トラックに楽器を積み込みます

チューニング室で音を合わせます

パート内で気持ちを1つに

リハーサル室では最後の合奏をしました

結果発表を待ちます

受験生は隙間時間を無駄にしません

結果は金賞!次の大会に向けて頑張りましょう

金賞おめでとう!

ホール練習

(平成28年7月13日 西宮市民会館アミティホール)

去年大雨警報が発令され実施できなかったホール練習を、今年は無事実施することが出来た。コンクールに向けて音の響きを確認し、中西先生にレッスンをしていただいた。


楽器を積み込みます

お願いします!

会場に着いたら皆で準備です

なるべく本番の響きに近づけるため椅子を全て下ろします

コンクールの合奏が始まりました

中西先生からアドバイスをいただきました

中学生のアンサンブルと高校3年生引退後のチームによる『日はまた昇る』も演奏しました

先輩が見守る中演奏された『トリプルあいす』 可愛らしい曲想がピッタリでした
 

夏合宿(第3日目)コンクール兵庫県大会

(平成27年8月10日 神戸市立神戸セミナーハウス)

今日は県大会。姫路で高等学校S部門のコンクールが開かれました。
結果は残念ながら銀賞。多くのご声援に心から感謝いたします。ありがとうございました。


 今日は制服で朝練習

 朝食も全力疾食で!!?

 朝食はバイキングでした

 いただきます!

 しっかり力をつけて、大会に臨みます

 食事後は音がよく出るようになってきました

  打楽器もパワーアップ!やはり食事は大切です。

  OGの方もたくさん来てくださいました

 おおきなったなぁ~

  練習が終わって楽器を拭いてケースにしまいます

  トラックに積む準備をします

  トラックが渋滞で遅れているので、もう一度録音を聴いて反省です。

  トラックが到着しました

  急いで楽器を積み込みます

  いつもよりスムーズに積み込めています

  車中の人となりました

  姫路文化センターに到着しました!

  コンクールがんばります!

  小ホールで音出しです


 トランペットも音合わせです

 裏では大型楽器の搬入。先輩たちも手伝っていただきました

 チューニングルームです

 リハーサルで最後の音出しです

 目標宣言「本番は練習のように、心を合わせて!」

  舞台袖で緊張の待機です

 ステージはとても広く感じました

  雷が鳴って、急遽ホール内での記念写真となりました

  雨が降ってきて積み込みは大慌てでしたが、忘れ物はありませんでした

 表彰式です

 結果は銀賞でした

 たくさんの差し入れをいただきました。

 ありがとうございました!!おいしくいただきました

 
 

  
 

 

コンクール西阪神地区大会

(平成27年7月24日 西宮市民会館アミティホール)

台風が近づく中でも猛暑の日、第62回兵庫県吹奏楽コンクール第38回西阪神地区大会が西宮市民会館アミティホールで開かれた。仁川学院吹奏楽部はプログラム4番で登場、樽屋雅徳作曲「想い麗し浄瑠璃姫の雫」を熱演した。結果は金賞。西阪神地区を代表して8月10日に姫路文化センターで開催される兵庫県大会に出演することが決まった。たくさんのご支援、ご声援に心から感謝いたします。


 前日、コルベ講堂裏で楽器を積み込みました

 本番当日も早朝から練習でした

 打楽器は現地集合で楽器を降ろしました

 先輩がいてくれると心強いです

 チューニングです

 最優秀賞のトロフィーも無事返還しました

 念入りにチューニングしました

 リハーサルです

 さあ!行くぞ!!

 演奏が終わって記念写真です

 いい演奏でしたよ! ありがとうございました!

 結果は? 金賞代表! よかったね

 先生が審査員の先生方の講評を紹介しました

 先輩方も応援に来てくださいました

 
 県大会も「全力疾奏!」します!!!

コンクール抽選会

(平成27年6月25日 三田市総合文化センター郷の音ホール展示室)

本日コンクールの抽選会が開かれ、仁川学院中学・高等学校吹奏楽部は高等学校S部門にプログラム4番(平成27年7月24日(金)10時10分)で出演することになりました。ご声援くださいますよう、お願いいたします。

関西大会金賞の横断幕

(平成26年9月3日 仁川学院内市道沿い)

第64回関西吹奏楽コンクールで2年連続金賞を受賞したことにより、中高父母の会に受賞記念の横断幕を作っていただき、高校3年生によって掲示しました。本当にありがとうございました。


 できたての横断幕に大喜び!

 さっそく運びます

 ありがとうございました!

関西吹奏楽コンクール

(平成26年8月24日~25日 守山市民ホール)

いよいよ最終ステージの関西吹奏楽コンクール。夏休みの宿題の完成やオープンキャンパスなどで全員集まって練習できず、各自が最終の調整合奏に向けて部分練習、パート練習を繰り返した。


 朝の練習

 いつもと変わらない風景も今日で終わり

 いつものように終わった

 雨の中、60分で積み込み完了です

 お礼も忘れずに、ありがとうございました。お願いします!

 滋賀へ行ってきます!

 みんな元気です!

 渋滞、大雨の中無事到着しました。

  楽器を練習場所まで運びます

 狭い階段も何のその、手慣れたものです

 あっという間にセッティング完了。この夏の成果でもあります。

 夜は琵琶湖大橋を見下ろしながら・・・

  近江で食べる牛ステーキです

 テンションが上がってしまいます!

 練習が始まりました

 タイミングとピッチを確認します

 攻めの演奏です。すごい!県大会とはまったく違います。勝負に出てる感じです!!

 他校の練習・・・とてもきれいで上手です。さすが、府県の代表の音です。勉強になります。

  たくさんの応援や励ましのメッセージを力に変えて

 合奏が終わって楽器を片付けました。今日はこれで終わりです。

 5時50分集合完了

  5時58分練習開始!

  楽器の積み込みも手慣れたもの

 比叡山は雲の中ですが・・・

  朝食バイキングをいただきました

 今日は勝ちます!

  会場へ出発します

 最終決戦の場所、守山市民ホール

 楽器を降ろしてホールへ搬入します。全員で行いました。動きもいい。

 楽器の組み立ては、なんと和室でした

チューニングです

 一方打楽器は楽器を組み立ててステージへ

 目標宣言です! 感動的でした!! 自分たちの掲げる理想が現実になっていました。

 舞台へ!

  神の恵みがありますように

 演奏が終わった! ブラヴォー!!  よくやった。すばらしい演奏でした。

  記念写真におさまります。みんな満足そうでよかった。

関西大会の結果(動画)


 代表の2人も立派でした

 お互いに喜び合いました。うれしくて仕方がありません!

満面の笑顔の指揮者と部員たち

 たくさんの方に応援していただきました。ありがとうございました。

 草津市内でハンバーグランチバイキング!

 サービスエリアで休憩して・・・

 学校に到着しました

 楽器を降ろして・・・

 長くて暑い夏が終わりました。そして、関西大会まで行けたこのチームは解散しました。

 たくさんの差し入れをありがとうございました。

 ありがとうございました! 私たちは引退します。

コンクール兵庫県大会

(平成26年8月11日 姫路市文化センター)

台風11号による気象警報のため2日間まったく練習できなかったが、コンクール当日は台風一過の晴天。早朝から学校で練習をして会場である姫路市文化センターへ貸し切りバスで向かった。たくさんの卒業生たち手助け、保護者、関係者の方々のご声援のおかげで仁川学院は金賞を受賞、来る25日守山市民ホールで行われる関西大会へ出演することになった。皆さまのご支援に感謝いたします。


 早朝から合奏

 2日間練習していないにしては集中力が衰えていませんでした

 卒業生も手伝って片付けをします

 手早く積み込み準備をします

 打楽器から手早く積み込みます

 よろしくお願いします!!

姫路に向かって出発です

 元気いっぱいです!

 ところが中国道は大渋滞!

 無事に姫路市文化センターに着きました

 会場に向かいます

 強豪が揃う兵庫県大会

  トラックも着いて、楽器を降ろします

 楽器を組み立てます

 頼むで!タイミング、間違えるなよ~!

 音出しに移動です

 銅鑼のひもが切れた!楽器屋さんに応急処置をしていただいた

  まもなく本番です もしかしたらこれが最後になるかもしれない・・・

  いつも通りの演奏が始まった

  舞台のメンバーを見守る袖のメンバー

  そして演奏が終わりました

 演奏だけでなく、鑑賞もしっかりしてね!部長の指示に耳を傾ける

 

兵庫県大会の発表です!(動画)

 


 うれしい!!関西大会へ行ける!吹奏楽生活が続く!!

 喜びが爆発する!!

  高校生は楽器を整理し、合宿準備です

 たくさんの方々のおかげでよい結果となりました。ありがとうございました。

 

 

 

コンクール準備

(平成26年8月10日 仁川学院高等学校音楽教室)

台風11号の影響でコンクール直前の練習が2日間も全くできず、準備もままならない。そこに現れたのが卒業生。気象警報で登校できない現役生に変わってコンクールの準備をしてくれた。これが仁川の底力と感じた。


 椅子を運ぶ

 和太鼓も先輩たちが運んでくれた

 廊下に並んだ楽器たち

  玄関で合奏予定。積み込み時間を節約するために・・・
 

コンクール補助員

(平成26年7月29日、30日 尼崎市総合文化センターあましんアルカイックホール)

コンクール西阪神地区大会の2日目、3日目、部員たちがドアの開閉や、演奏者の誘導などの大会運営の補助を行った。


 誘導で時間を確認する部員たち。

 後片付けも大切な仕事でした

兵庫県大会のお知らせ

仁川学院吹奏楽部の予定です。

【兵庫県大会】
日程:8月11日(月)
場所:姫路市文化センター

楽器搬入    11時55分
小ホール      12時25分 B
チューニング   13時00分
リハーサル     13時25分
舞台袖        13時40分
ステージ        13時50分
搬出          14時50分
成績発表     17時30分

ご声援くださいますようお願いいたします。

 

コンクール西阪神地区大会

(平成26年7月28日 尼崎総合文化センターあましんアルカイックホール)

暑さも少し和らいだ今日、仁川学院吹奏楽部はコンクール西阪神地区大会に臨んだ。プログラムは最後の14番。本番前は体や楽器の不調、情緒の揺れなど、緊張のあまりたくさんの困難がありながら、多くのOB、保護者の方、仁川学院の先生方、関係者の方々の励まし、ご声援のおかげで最優秀賞を受賞し、兵庫県大会に出場できることになった。この場を借りて厚くお礼を申し上げますとともに、今後ともご声援くださいますようお願い申し上げます。ありがとうございました。


 本番の朝、練習は続く

 大丈夫かな?

 タイミングを合わせて!

 水分補給も忘れずに

 積み込みです。OBの方にも手伝っていただきました

 トラックにも感謝を込めて

 会場ではOBの先輩が開会式で最優秀トロフィーの返還をしていただきました

 会場に着きました

 さっそく楽器を降ろしにいきます

 楽器を組み立てます

 チューニングをします

 かなり緊張しています

 平常心でいけるか!!?

 演奏が終わって記念写真撮影です

 校長先生も応援に来られました

結果発表動画はこちらから


 2年連続で最優秀賞!

 やった!!トロフィーを取り返したぞ!

 楽器は学校までOBの方々が運びました。ありがとうございました。
 兵庫県大会は8月11日(月)です。

 

 

 

【改訂版】コンクール西阪神地区大会の予定

第61回兵庫県吹奏楽コンクール西阪神地区大会の予定です。

場所:尼崎市総合文化センターあましんアルカイックホール
日程:平成26年7月28日(月)

【仁川学院の予定】 平成26年7月16日改訂

プログラム順:高校S部門14番(14番中)

楽器搬入17時15分
団体受付17時35分
リハ待機17時55分から
チューニング18時30分から(リハ室1)20分間
リハーサル18時10分から10分間
本番待機18時30分から
本番舞台18時50分
楽器搬出19時35分

審査発表・閉会式19時30分から
 

 

ホール練習

(平成26年7月15日 尼崎総合文化センターあましんアルカイックホール)

補習などでメンバーが抜ける中、コンクールの音響を確かめるべく、ホール練習が行われた。学校の音楽室とは違う響きに戸惑いながらも中西先生のご指導の下、練習は充実したものになった。


  聴衆はいませんが、ホールでの練習は大切。準備が進みます。


  チューニングをして練習に臨みました

 中西先生からもご指導を受けました

 舞台の上は広々して、演奏しやすいです。

 ホールでは練習が足りないところがよくわかってしまいます。

 高校3年生が抜けての「おきなぐさ」 心に残る演奏となりました。
 

コンクール抽選会

(平成26年7月4日 三田学園高等学校会議室)

コンクールの出演順を決める抽選会に部長が臨み、プログラム14番中14番を引き当てた。


 緊張した面持ちで抽選に臨む

 

夏合宿(第4日目)コンクール関西大会

(平成25年8月19日 神戸市立神戸セミナーハウス→奈良県橿原文化会館)

ついにこの日が来ました。日時も場所も知らなかった関西大会。高校3年生も今日で吹奏楽生活とお別れです。いいチームになってきました。生徒たちのがんばりと、周りの多くの方々のご支援によってS部門の最後の舞台に立つことができます。心からお礼申し上げます。


 6時20分から音出し、合奏。今日はコンクールなので制服です。

 今日は卒業生も1年生も楽器搬入スタッフです。

 チューニングも緊張気味です

 朝食をしっかりとって・・・

 いってきま~す

 楽器を積み込むトラックが到着しました。

 よろしくお願いいたします!!

 奈良に向けて出発です!

 ところが、高速道路が渋滞!

 視界が広がり、奈良の平野がみえてきました。もうすぐです。

 奈良県橿原市に到着しました。

 奈良県橿原文化会館です

 小ホール前に整列しました

 ステージでリハーサルをしました

 打楽器はチューニングに余念がありません(続く

舞台袖です。音を立てないようにスタンバイします。

 必ずやります!

 勝利を確信!?
 
 出番を待ちます。集中を高めます。

 兵庫県代表、仁川学院中学高等学校吹奏楽部の演奏がはじまりました

 ものすごい集中でした。

 先輩たちの演奏を見守ります

 演奏が終わって、全員で記念写真におさまりました

 そして一番気になる成績発表。 結果は?

関西大会の結果は?


 みごとに全力開花した生徒と坂本先生

 たくさんの方にお祝いの言葉をいただきました。

 金賞、ゴールドでした。

 たくさんの応援の方々に見守られました

 楽器をトラックに積み込みます

 たった3時間だけの奈良は一生の思い出でした。

 ここはどこでしょう?

 不思議な空間でした

 短時間でしたが、楽しめました

 セミナーハウスに戻ってBBQです

 最高の一日を部長が締めくくりました。

関西大会高校S部門で金賞!仁川初の快挙でした。ご声援ありがとうございました。

 

 

 

コンクール兵庫県大会

(平成25年8月12日 姫路市文化センター)

猛暑の中、仁川学院吹奏楽部の部員と卒業生たちを乗せたバスは兵庫県大会の会場である姫路市文化センターに到着した。体調不良者も出る中、お互いに助け合って大会に臨む姿は見事だった。たくさんの応援の方の心温まるご声援のおかげもあって、高等学校S部門のプログラム7番で登場した仁川学院吹奏楽部は見事に金賞を受賞し、県代表として8月19日、奈良県橿原文化会館で開催される関西大会に出場することが決まった。みなさまのご声援に心から感謝いたします。ありがとうございました!


 早朝より登校、歌練習、挨拶練習はいつもと変わらない

 音楽室での最後の調整合奏でした

 楽器の積み込みも手慣れたもの

 バスに乗り込みました

 OBの先輩方も乗り込んで、出発です。

 渋滞もなく、姫路に到着です。

 バスから降りてホールに向かいます

 トラックから楽器を降ろします

 関西大会予選と書かれています。緊張する!

 楽器を組み立ててチューニングへ

 プラカードの係の生徒に説明をききました

 楽器を調整してチューニングです

 リハーサル室で合奏しました

 舞台袖は一番緊張します

 演奏が終わって記念写真です

 演奏が終わってホッとしました。いい笑顔です。

 

兵庫県大会の成績発表です(動画)

 


 関西大会!叶わなかった夢がどんどん実現していく。ちょっと怖い。

 中学生は先に西宮北口で解散でした。おつかれさま。

 

コンクール西阪神地区大会

(平成25年7月26日 西宮アミティホール)

「仁川学院、ゴールド金賞!」この一瞬のためにやってきた。夢が叶った。見ていなかった夢も叶った。ご声援に感謝いたします。次は8月12日、姫路文化センターで行われる兵庫県大会に臨みます。


 打楽器パートはお先に到着!

 整列をしてチューニングに臨みます

 演奏が終わって、記念写真です

 たくさんの応援の方に撮っていただきました。ありがとうございました。

成績発表です!(動画)


 でっかいトロフィーに大喜びしたり・・・

 うれし泣きをしたり・・・

 とてもしあわせな一日でした。ご声援ありがとうございました!

コンクールホール練習

(平成25年7月20日 西宮市民会館アミティホール)

今年もアミティホールをお借りしてホールの残響を確認し、楽器配置など、コンクールへの準備を行った。


 楽器をトラックに積み込みます

 コンクール及び全員でも合奏をしました

 2階席から中西先生にご指導していただきました
 

吹奏楽コンクール抽選会

(平成25年6月28日 三田学園高等学校)

7月26日から始まる兵庫県吹奏楽コンクールの出演順抽選会があり、部長が抽選に臨んだ。
その結果プログラム2番、10時10分の出演となった。


 真剣な表情で抽選に臨んだ
 

コンクール補助員

(平成24年7月28日 西宮アミティホール)

コンクールの翌日ではあったが、部員たちは定時に集合、2日目のコンクール大会運営に
あたった。間違いが許されない厳しい仕事が続いたが、無事にこなすことができた。


 団体受付は細かい作業が続きました

 ずっとオン状態が続くロビー

 熱風を受けながらの入り口はたいへんな仕事だった

コンクール西阪神地区大会

(平成24年7月27日 西宮アミティホール)

猛暑の中、吹奏楽コンクールに仁川学院は今年も高校A部門に
エントリーした。課題曲は吹奏楽のための綺想曲「じゅげむ」
自由曲は吹奏楽のための「越中幻想」結果はは銀賞だったが
全力を尽くした結果に悔し涙の中にも満足の表情もうかがえた。


 打楽器は息を合わせていつもの基本練習

 今日の合奏は格別 みんな集中していたね

 この通り本番でもできれば。。。

 楽器を積み込みます

 会場について楽器を降ろします

 チューニングをします

 今日はいつもよりていねいだったかな

 緊張感が高まります

 出だしをチェックしました

 おわった~

 記念撮影をしました

 たくさんの応援の人たちも来てくれました 本当にありがとうございました!

 結果は銀賞 おつかれさまでした!

 

 

コンクールホール練習

(平成24年7月16日 西宮アミティホール)

昨日の定期演奏会に続いて2日連続アミティホールで練習できる
ことになった。はじめは全員で「アメージンググレイス」「クラリネティックス」
を演奏した。続いて中西先生にも来ていただいてホールの響きや演奏の
弱点などを確認することができて、いい練習となった。

たくさんの保護者の方や卒業生の方にも応援していただきました。
心からお礼申し上げます。


 ホールを独り占めして練習できるのはありがたい

 ホールの響きは音楽室ともコルベ講堂とも違う

 ホールでチューニングできるのもこのときだけ

 何人いるの??

 舞台上では合奏が始まった

 審査員席からは中西先生からの指示が飛んだ

 卒業生も保護者の方も応援に来てくださった

 実りの多い練習となった

 

 

コンクール抽選会

(平成24年6月28日 三田総合文化センター展示室)

今年の夏のコンクールの演奏順を決める抽選会が6月28日、三田市総合文化センターで行われた。仁川学院からは部長が抽選に臨み、11番を引いた。昨年最優秀賞の三田学園の後と決まって、気合いが入った。


 

コンクールオーディション

(平成24年6月2日 仁川学院高等学校第1音楽教室)

 
本日吹奏楽部保護者会の後吹奏楽コンクールの
オーディションが行われ、木管楽器15名、
金管楽器10名、打楽器6名、合計31名のコンクール
メンバーが決まりました。

コンクールオーディション

(平成24年4月30日 仁川学院高等学校第二音楽教室)

コンクールのためのオーディションがおこなわれた。一人ずつ後ろ向きのパートリーダーや先生の前で日頃の練習の成果を披露する。不合格者にはもう一度オーディションを受けるチャンスが与えられている。

 
学生指揮者の指揮に合わせて演奏するトランペットの部員たち

兵庫県吹奏楽コンクール西阪神地区大会

(平成23年7月29日 西宮アミティホール)

今年も終業式と重なった吹奏楽コンクールは、直前の入院で出場できなかったり、当日に体調を崩したりと、波乱に満ちた本番となった。生徒たちは一度は動揺を魅せたものの、最後まであきらめず粘りを見せて、練習通りの演奏を披露した。結果は銀賞。来年はリベンジの年となった。

演奏前、演奏後のデーターはありません。


お疲れさまでした 部員は満足そうです

コンクールホール練習

(平成23年7月14日 西宮アミティホール)

今年もコンクール西阪神地区大会と同じ会場でホール練習ができる幸運を
得て、調整に励んだ。途中大阪音楽大学の中西勲先生のレッスンもあり、充実
したホール練習だった。


ホールの響きは教室とはまったく違った。打楽器の位置などを変更した。


ホールはよく響いて気持ちがよかったです

コンクール抽選会

(平成23年6月30日 三田学園高等学校)

今年のコンクール西阪神地区大会の演奏順を決める抽選会が三田学園
高等学校で行われた。部長が抽選に臨み、演奏順は3番。コンクールの
ムードが盛り上がってきた。


緊張した面持ちで抽選に臨む

コンクールオーディション

(平成23年6月5日 第2音楽教室)

コンクールのメンバー決めのためのオーディションが開かれた。普段の
練習の成果を発揮し、合格となった21名の管楽器奏者と5名の打楽器
奏者がメンバーに決まった。残るメンバーは19日に再チャレンジする。


ひとりひとりが部員全員の前で練習の成果を聞かせるという厳格なもの

吹奏楽コンクール兵庫県大会

(平成22年8月6日 尼崎アルカイックホール)

猛暑の中少ないながらも充実した練習を重ね県大会に臨んだ。
地区大会より数段連ベルの高い演奏が続く中で仁川学院の
部員たちも健闘し、銀賞の好成績に当たる、兵庫県教育委員会
奨励賞を受賞した。金賞までもう一歩だったが、過去最高の
成績に部員たちは満足そうだった。高校3年生のメンバーは楽器を
演奏するのが今日で最後になってしまったが、表情は明るく
充実したクラブ生活を締めくくれたようだった。


楽器をトラックに積み込む


 積み残しがないかチェックも完璧!


咲きほこるぞ!!


 オクトホールについて楽器を組み立てる


 チューニング


 メーターを見ながら・・・


 最後のリハーサル


吹き終わって満足!


 卒業生もたくさん応援にきてくれた


フレッシュのメンバーも一緒に記念撮影


いよいよ仁川学院の発表


 銀賞、奨励賞!


 北野先生のお話


 今日でお世話になった先輩ともお別れか・・・


 最後まで見守ってくれる卒業生。温かい!


仁川学院吹奏楽部! 咲きほこれ!!

吹奏楽コンクール西阪神地区大会

(平成22年7月30日 西宮アミティホール)

前日の雨も上がり、終業式の後半に公欠をいただいてコンクールに臨んだ。
仁川学院は35名の最小人数ながら他校に負けない熱演で見事に金賞を受賞し、
西阪神地区の代表として兵庫県大会に出場することになった。たくさんの
仁川関係者が暑い中、わざわざ会場にきてくれて、惜しみない拍手をしてくれた。
一同、心から感謝いたします。ありがとうございました。


 前日、おそろいのタオルでテンションを上げる


楽器を積み込む


 チューニングを待つ


 音だし、緊張ぎみ


念入りなチューニング


 演奏を終えて記念撮影


やった!金代表で県大会だ!!

金賞!ゴールドの瞬間!!(ムービーファイル)

 ←見られない場合はダウンロードしてください

コンクールホール練習

(平成22年7月17日 西宮アミティホール)

西宮市吹奏楽連盟の定期演奏会を明日に控え、仁川学院単独での
ホール練習が行われ、ホールの響きや楽器の位置などのチェックを
行った。一方フレッシュバンドの本番ではソロが次々とメンバーに回っ
てきて、技術的、精神的な成長の跡が見られた。


セッティングをする


 フレッシュバンドの熱演!


コンクールメンバーも調整を行った

コンクール抽選会

(平成22年7月2日 三田学園)

梅雨の曇天の中、三田学園で開かれた第57回兵庫県吹奏楽コンクール
の抽選会で仁川学院中学高等学校吹奏楽部は部長が抽選に臨み、18校
中10番のくじを引いた。出演は16時となった。


1番でなくてよかった~!

吹奏楽コンクール西阪神地区大会

(平成20年7月25日 西宮アミティホール)

一年間の練習の成果発揮すべく仁川学院吹奏楽部も酷暑の中、
演奏に臨んだ。曲目は「セリオーソ」とラヴェル作曲「スペイン狂詩曲」
練習の通りに演奏できたと思う。結果は金賞。しかし、兵庫県大会には
進めなかった。たくさんの保護者の方、OBの方、学校関係者の方に
ご声援をいただきました。心からお礼を申し上げます。


楽器を講堂から運び出す


梱包も一つ一つ丁寧に


 来たトラックは2トン車ではなく15トン車 でかい!


 トランペット ファイト!


 チューニング


 いざ出陣!


演奏が終わって記念写真


たくさんの人が駆けつけてくれた


 結果は金賞 先輩方、ありがとうございました

コンクール抽選会

(平成20年6月26日 三田学園小寺ホール)

コンクールの抽選会が行われた。部長がくじをひき、プログラム
2番で出演することになった。17校中5校が西阪神地区代表として
兵庫県大会に出場する。

7月25日金曜日高校A部門

順番 学校名 出演時間
1 関西学院 13:10
2 仁川学院 13:25
3 西宮今津 13:40
4 市立西宮 13:55
5 祥雲館 14:10
6 武庫川女 14:25
7 報徳学園 15:00
8 西宮北 15:15
9 三田学園 15:30
10 三田西陵 15:45
11 県立西宮 16:00
12 宝塚西 16:15
13 県立芦屋 16:50
14 篠山産業 17:05
15 北摂三田 17:20
16 有馬 17:35
17 宝塚北 17:50

 

コンクールオーディション

(平成20年6月8日、6月14日 仁川学院高等学校第2音楽室と第1音楽室)

コンクールメンバーを決める学内オーディションが行われた。
本番さながらの緊張感で部員たちは全員に見守れながら
パートリーダーの前で一人一人日頃の成果を発揮した。


 試験範囲は当日発表される


会場をセッティングする


 一人ずつ課題を演奏する

吹奏楽コンクール兵庫県大会(一般部門)

(2007年8月12日 たつの市赤とんぼ文化ホール)

うだるような猛暑の中、また帰省ラッシュの中、仁川学院吹奏楽部
の部員とOBたちは同じバスに乗り込んでたつの市赤とんぼ文化
ホールへと向かった。今年は初めての試みとして、OBと現役生とが
一緒に練習して一緒に吹奏楽コンクールの一般の部に出ることになった。
仁川学院はプログラム2番で登場し、課題曲Ⅱ「光と風の通り道」
自由曲「センチュリア」を演奏した。結果は銅賞。楽しくいい演奏が
出来たと思う。


灼熱の天気


バスに乗り込む


いってきま~す


みんな元気です!


赤とんぼ文化ホールに到着する


チューニングをして・・・


リハーサル待機も余裕の表情


リハーサル


最後の練習


舞台袖でも余裕の表情


勝てば関西大会


 演奏が終わった!


全員で記念撮影


楽しい昼食 


お弁当がらを集めます


鑑賞しますが・・・


 集合が早かったので・・・


帰りもまだまだ元気!


 学校に着いて楽器を片付ける

吹奏楽コンクール兵庫県大会(高等学校A部門)

(2007年8月10日 尼崎総合文化センター)

西阪神地区の代表となった仁川学院は関西大会を目指して
兵庫県大会に臨んだ。35℃を超える暑さの中、会場では熱気
溢れる演奏が展開した。仁川学院はプログラム14番目に登場
課題曲Ⅱ「光と風の通り道」と自由曲「楽劇サロメより7つの
ヴェールの踊り」を演奏した。結果は銀賞、尼崎市奨励賞を
受賞した。


?最後の調整に余念がない


差し入れのスポーツ飲料 今日も暑いぞ!


 楽器を積み込む


 県大会に行ってきま~す


楽器をホールに入れる


 管楽器はホールロビーで待機 これからステージまで1時間


 緊張が増してきた


打楽器は余裕の表情


チューニングをする


 リハーサルの準備


 最後の調整


 出だしの練習を繰り返す


演奏が終わって満足の表情


 全員で記念撮影


楽器を積み込み学校へ


 ドキドキの表彰式


銀賞と奨励賞を受賞する


部長が帰ってきた


 表彰式が終わって部長の挨拶


関西大会へ行きたかった?


 がんばれよ!


あっぱれ!銀奨励賞

コンクール一般バンド練習

(2007年8月5日 仁川学院高等学校音楽室)

8月12日たつの市赤とんぼ文化ホールで行われる兵庫県吹奏楽
コンクール一般部門に初めてエントリーした仁川学院吹奏楽部と
OBは課題曲「光と風の通り道」と「センチュリア」を練習した。
久しぶりに楽器を吹くOBもいたが、練習するうちになじんできた
ようである。


 OBと現役たちが練習する

第54回吹奏楽コンクール西阪神地区大会

(2007年7月27日西宮アミティホール)

30℃を超える猛暑の中、西宮アミティホールで西阪神地区大会
の高等学校A部門が開催された。仁川学院中学高等学校のA
バンドは普段通りの演奏を披露し、激戦の西阪神の中で見事に
西阪神地区の代表となった。8月9日に尼崎総合文化センターで
行われる兵庫県大会に出場する
たくさんのご声援に心から
感謝いたします。ありがとうございました。


集合して部長が指示をする


 部長が応援メッセージを読む


楽器を積み込んでホールへ


 ホールについても余裕の表情


チューニングルームで


リハーサル室 部長が気合いを入れる


 うまくいった~表情!


楽器運搬はたくさんのOBが手伝ってくれた


やった!! 3年連続県大会だっ!!!!

金賞!ゴールドの瞬間!!(ムービーファイル)

 ←見られない場合はダウンロードしてください

コンクールホール練習

(2007年7月16日芦屋ルナホール)

雨の降る中、コンクールのホール練習を芦屋ルナホールで
行った。高校Aバンドと一般バンドはそれぞれの課題曲・自由
曲を練習した。教室とは違う本番の響きはたいへん演奏を考える
上でプラスになった。この連休はたいへんな緊張の連続で
朝から夕方までの長丁場だったが、しっかり練習ができた。
気持ちのスタミナもついてきたように思う。


トラックに楽器を積み込む


 ホール裏に到着


練習が始まった


 金管楽器はひな壇で奮闘中


たくさんの打楽器を打ち分ける


 一般バンドの練習


 一般バンドは兵庫県大会から登場


 指揮者も初舞台だ!


楽器を積み込んで学校へ

吹奏楽コンクール抽選会

(2007年6月17日三田学園)

審査を左右するとも言われる吹奏楽コンクール抽選会が
三田学園で開かれ、部長がくじを引いた。結果、仁川学院は
14番目で県立西宮高校の後となった。県立西宮高校とは
3年連続でプログラムの前後となった。


くじは14番、県西と3年連続となった

コンクールオーディション

(2007年6月16日 仁川学院高校音楽室)

毎年コンクールのためのオーディションはひとりひとりが
顧問とパートリーダーの前で練習の成果を披露する。
第一次審査で35名が決定した。


山田先生の指揮で演奏する打楽器パート

兵庫県吹奏楽コンクール県大会

(2006年8月10日 尼崎市総合文化センター)

台風一過の夏の日、吹奏楽部は県大会の舞台に
立った。強豪のひしめく県大会のレベルは高く、
ため息の出る演奏の連続だった。しかし、仁川の
演奏はたくさんの応援を得て普段通りの演奏が
出来たように思う。結果は銀賞。高校3年生の
12名はこの日を最後にクラブ活動を終了した。

たくさんのご声援ご支援を多くの方からいただきました。
お礼を申し上げます。ありがとうございました。


抜けるような夏空だった


胸には教会でいただいたメダイが


楽器をトラックに積み込む


 アルカイックホールに出陣!


 ホール裏側から楽器を搬入


オクトホールで楽器を組み立てる


チューニング


階段でリハーサルを待つ


リハーサル、調子は上々


 舞台袖、余裕の表情


演奏を終えて写真撮影


OBたちもたくさん集まってくれた


 満足そうな笑顔が広がった


 学校へ楽器を戻す 男子が大活躍!


 部長が代表で壇上へ


 銀賞を受賞 堂々としていたね


ホール前で別れを惜しむ


 顔を写されたくない??

コンクール補助員

(2006年7月29日 西宮アミティホール)

今日は西阪神地区大会中学校A部門の補助員に
23名の部員が協力してくれた。コンクールは長丁場で
雨が降ったり予定が変わったりしたが、仁川学院の
補助員はいい働きをしてくれた。


 団体受付は書類も多くたいへんだった


プログラムを販売する


 誘導もドア係もお疲れ様でした

兵庫県吹奏楽コンクール西阪神地区大会

(2006年7月28日 西宮アミティホール)

1年間の練習の成果が12分で判定されるとも言える
吹奏楽コンクール西阪神地区大会が7月28日西宮
アミティホールで行われた。仁川学院は県立西宮高校
に続いてプログラム2番で登場、課題曲2番に続いて
自由曲は天野正道作曲「スイート・エクセントリック」を
演奏した。細かいところにミスがあり、悔し涙の部員も
いたが、結果は金賞。西阪神地区を代表して8月10日
に尼崎市総合文化センターで行われる兵庫県大会に
出場することになった。皆様のご声援に心から感謝
いたします。


 いよいよ当日になった


 楽器を運び出す


楽器をトラックに積み込む


アミティホールで楽器を降ろす


チューニングルーム


演奏が終わって記念写真


卒業生も集まってくれた


 生徒もOBも応援の先生も大喜びの金賞!

金賞!ゴールドの瞬間!!(ムービーファイル)

 ←見られない場合はダウンロードしてください

コンクールホール練習

(2006年7月17日 西宮アミティホール)

コンクールのホールの響きやバランスを確認するため
またフレッシュバンドのステージ練習のために、ホール
での練習が行われた。


西宮アミティホール


 練習の準備をする


フレッシュバンドの練習


 コンクール練習が始まった


 楽器をトラックに積み込んで


学校到着、おつかれさまでした